ロードイン鳥羽朝食普段よりほんのちょっぴりだけ早く起きて、ホテルの朝ご飯。和食か洋食か選べたので、和食にした。

ロードイン鳥羽はなかなか良いホテルだった。珈琲無料サービスだし、目の前にローソンがある。

そしてでかいのが、Wi-Fi フリースポットがあること。鳥羽の安価なホテルで無線 LAN が使えるところはなかなか無い。ロードイン鳥羽も、ホームページだと有線 LAN となっているが、ダメ元でフロントに聞いてみたら Wi-Fi 使えるとのことだった。

鳥羽駅周辺は WiMAX が入らないので、Wi-Fi フリーはかなり助かった。

日によって価格はこまめに変動する模様。俺が行ったときは朝食付きで 6,800 円だった。

絶品生マグロ丼さて、2 日目もあいにくの雨。しかも途中かなりの豪雨で、車の運転もしづらかった。

紀の松島に着く頃には多少マシにはなっていたが、やはり景色としてはダメ。がっかり。

しかし、鮪がとても美味しかった。

お食事処大和(やまと)という店に入り、絶品生まぐろ丼を注文したのだが、本当に絶品。

近年、俺の中で鮪の株は下がり気味で、鮪とサーモンだったら、まずサーモンを選ぶ。鮪はトロじゃないと食べる気しない。という状況なのだが、ここの鮪は全然違う! 赤身が美味しい。赤身にちゃんと風味がある!

那智の滝お腹も満ちたところで那智の滝へ。

カーナビに那智の滝と入れてもヒットせず(宮崎に行ってしまう)、近くの飛瀧神社でもヒットせず……と思ったら、飛瀧神社を「ひりゅう」と呼んでいたのが間違いだった。正しくは「ひろう」神社。

飛瀧神社付近の無料駐車場は数台分のスペースしか無いが、運良く待たずに入れた。

那智の滝は落差 133m で、一段の滝としては日本一の高さを誇るとか。

しかし、133m あるようには見えない気がするが……。

まぁ、落差の記録はともかく、滝の音は聞いていて心地よい。

ちなみに、滝の手前には、延命長寿のお龍水という水が湧き出ており、飲用可となっている。これで少し寿命が延びた!

伊勢海老続いて、串本海中公園へ。

基本的に水族館なのだが、展示の手前にある解説がなぜなに風で面白い。「タコスミスパゲッティが無いのはなぜ?」といった具合。タコスミはイカスミと比べて、採れる量が少ない・墨袋が破れやすくて扱いが難しい・水っぽくてスパゲッティに絡みづらい、というのがその理由だとか。

汚れとり海老手の汚れを取ってくれる小エビのコーナーもあった。水槽に小エビがたくさんおり、手を突っ込むと寄ってきて、手を掃除してくれる。ツンツンされるのでたまに痛いのだが、楽しくてしばらくじっとしてた。

ウミガメに餌をやれるコーナーや(亀って息継ぎするんだねぇ)、水中通路を上から眺められるコーナーなど、独特のコーナーがいろいろあった。

海中極めつけは、リアル水族館とでも言うべき、本物の海の中を見られるコーナー。海の中に筒を挿したような構造の建物が、水族館本体とは別に建ててあり、筒の中に入って、360 度周りの海を眺められる。

多くの種類の魚が群れを成したり、一匹で彷徨ったり、思い思いの生活をしている様子が分かって面白い。

イサキの塩ユッケ夕食はまたも和食をチョイス。やっぱり魚を食べたい。

イサキの塩ユッケが美味しかった。

めはり寿司1 日目と比べて、車(Vitz)の運転にも慣れてきた。当初は、燃費がリッター 11km 程度だったのが、2 日目は 14.7km まで伸びた。

Vitz は(というか最近の車はみんなそうなのかもしれないけど)、リアルタイムと平均の両方の燃費が表示されていいね。

【2 日目の行動範囲】

2日目行動範囲およそ 293km。

【2 日目の経費(概算)】
水中回廊
  • 那智勝浦駐車場:500 円(?)
  • くじら骨ハギ:200 円
  • 絶品生まぐろ丼:1,100 円
  • 飛瀧神社通行料:300 円(?)
  • 串本海中公園:1,600 円
  • お土産:400 円
  • 飲料:500 円
  • 一吉:3,600 円
  • 甘夏ジュース:400 円
  • ホテル(ガーデンホテルハナヨ):6,000 円
  • コインパーキング:200 円
  • ETC 料金:800 円
  • 合計:15,600 円