カオスシード_オープニング街は豊かに発展していたが、洞仙は大地の異変を感じ取っていた……。

カオスシード_CDROMマルチエンディング型ダンジョン育成 SLG/ARPG、仙窟活龍大戦カオスシード。

枯れてしまった大地の地底に、仙窟と呼ばれるダンジョンを堀り、大地をよみがえらせていく。

カオスシード_シナリオ1最初のステージ(シナリオ)は、操作方法や仙窟の作り方など、ゲームの基本を学べるその名も「レクチャー」。

カオスシード_Bボタンレクチャー戦闘では、とりあえず B ボタンを連打して「巻きもの攻撃」を出していれば勝てる。簡単ではないか。

実際、いくつかのシナリオを B ボタンのみで戦ってきたが、とても勝てない強敵に遭遇。これは詰んだか? と思ったとき、ふと初心に返り、レクチャーを見返してみた。攻撃発動まで無敵となる「中攻撃」の存在を改めて知り、無事に勝つことができた。レクチャー、侮れない。

もちろん、説明書にも操作方法はちゃんと書いてあるのだが、意識して読まないと記憶に残らないしね……。

カオスシード_通路作成お供をしてくれる仙獣とともに戦闘やダンジョン探索のレクチャーを終えると、いよいよ本業のレクチャー。老師から仙窟作りの指南を受ける。

仙窟を作り、龍脈に陽気(エネルギー)を注ぎ込むことで、大地をよみがえらせていく。そう、洞仙とは、仙獣と共に命を懸け、大地を守るのが役目なのだ。

仙窟としての部屋の作り方、エネルギーや仙丹(部屋の強化その他に必要な材料)を生み出す素である「因素」、仙獣の種類や特性などを教えてくれる。

カオスシード_老師戦闘部屋を作成すると、敵(邪精)が出現することがある。

老師が自ら戦っているシーンは貴重。

カオスシード_レクチャー仙窟練習ステージとして、10 ターン以内に龍穴炉にエネルギーを 1000 振り込むとクリアとなる。

部屋を作る際には、エネルギーの他に「部屋ポイント」を消費する。中くらいの正方形の部屋なら部屋ポイントは少なくて済むが、大きい部屋や小さい部屋、細長い部屋は部屋ポイントの消費が大きい。

最低の部屋ポイントで作れるできるだけ大きな部屋、を作っていった。今にして思えば無駄な広さなのだが、とにかくクリアはクリア。

カオスシード_レクチャー仙窟2続いて 2 つめの仙窟で、仙窟の修復を学ぶ。

部屋修復能力のある仙獣、「華翼仙(かよくせん)」で部屋を修復した後は、生産部屋を強化しつつエネルギーを回収していけば良い。

2 つめの仙窟をクリアすると、レクチャーシナリオ完了となる。

老師から、北に行って仙窟を作るよう言われるが、ここで駄々をこねたときのやりとりが面白い。

カオスシード_レクチャー劇終一悶着の後、次のシナリオへと進む。

それにしても、老師のリーゼントおでこはなんとかならなかったのか……。




【ギャラリー】

カオスシード_レクチャーロード中 カオスシード_洞仙の奥義 カオスシード_仙獣と一緒 カオスシード_火を司る部屋神 カオスシード_土のシンボル カオスシード_窟子仙 カオスシード_大地が蘇る瞬間