ベルンへの車窓4 日目は、グリンデルワルトから日帰りでベルンへ。途中、インターラーケンで乗り換え。

観光案内所で、さわやかイケメンの兄ちゃんにベルンのおすすめコースを教えてもらい、市内を散策。

ベルン街並みベルンは、道路の両側に中層の建物が並んでいる街並み。

トラムも走っているところがあり、鉄道駅に近いところではひっきりなしにトラムが来る。

時計塔市民にも親しまれているという時計塔や、過去は牢獄だったという牢獄塔などを眺めながら、歩みを進める。

道路の真ん中に、ぽつぽつと像が建っている。

不動産屋さんのショーケース店頭では、不動産の写真と共に QR コードが掲載されていたり、タブレットで物件を見られたりと、ずいぶんハイテクな感じだ。

CBO途中、マクドナルドがあったので寄ってみた。ご当地マックは、CBO。C はチーズ(Cheese)の C だと思いきや、鶏肉だそうな。Chicken Bacon Onion とのこと。

クマ街外れにクマ公園がある。

川沿いの斜面に熊が数頭いるのだが、川岸の通路と、クマの居住スペースを仕切っている柵がずいぶん低い。間違ってクマ公園側に落ちてしまったら惨事になるのでは……という心配が。

街並み展望ベルン観光のハイライトは、高台にあるバラ公園からの眺め。街並みを一望できる。

ガイドブックに載っている写真は、もっと高いところから撮影されていて、その眺めを期待していたのだが、バラ公園はそこまで高いところにはなかった。恐らく、ガイドブックの写真は空撮なのだろう。

高度的にはちょっぴり残念ではあったが、レンガと緑のコントラストは綺麗だ。

ベルナープレート昼食は街中の地下にあるレストランで取った。ずいぶんと趣のあるお店で、会社の重役が来そうなお店だった。普段着の我々は場違いな感があったが、入ってしまったものは仕方ない。

ベルン名物は、ベルナープレート。肉や野菜を煮たポトフのようなもの、と紹介されていたが、ポトフほどスープ感がない。なかなかおいしいが、もっとスープがある方が好きだ。

大聖堂からの展望昼食後は、もう 1 つの高台、大聖堂の尖塔へ。螺旋階段をひたすら上っていく。

中間展望層では、あみものをしているおばちゃん(恐らく係員)が、「頂上まであと 90 段よ!」と励ましてくれた。

頂上からの眺めは良い。ロケーションはバラ公園の高台の方が良いのだが、尖塔は周囲が低いので、見晴らしが良い。

ピザ夕飯は、グリンデルワルトに戻ってピザのお店へ。

お店の名前はトムズヒュッテというのだが、ここのピザが絶品だった。さすがスイス、チーズが旨いので、ピザも旨い。クリスピー生地がパリッとしていて食が進む。グリンデルワルトに行ったら、トムズヒュッテがおすすめだ。

恐らく家族経営で、寡黙なご主人がピザを焼き上げ、奥さんと娘さんが給仕をする。途中で息子さんが学校から帰ってきて、ご主人と話をしていた。

 【 4 日目の行動範囲 】

例によって、スイス国鉄区間のインターラーケン~ベルン間は GPS が拾えていないが、全日 133km の行程。

GPS_グリンデルワルト~インターラーケングリンデルワルト~インターラーケン。

GPS_ベルン市内散策ベルン市内散策。


 【 4 日目に食べたもの 】
  • ホテルの朝食:ハム、ゆで卵などのバイキング
  • CBO(単品で CHF 8 くらいだった気がする)
  • 昼食:ベルナープレートなど
  • 夕食:ピザ各種

 【 4 日目の旅程 】
  • 08:00 ホテル出発(Grindelwald)
  • 09:00 インターラーケン(Interlaken Ost)
  • 10:00 ベルン着(Bern)
  • 11:30 バラ公園(Rosengarten)
  • 12:30 昼食
  • 14:00 大聖堂
  • 18:30 夕食(TOM's HÜTTE)

 【 スイス旅行記 】

 【 ギャラリー 】

トラム子供食い時計塔2不動産屋店頭教会クマ公園クマ拡大バラ公園街並みランチメニューパイプオルガン橋を渡るトラムIttingerパイ包み夕暮れユングフラウ100周年ドリンク