船上サバイバルしながら自由に建造物を作っていく Minecraft(マイクラ)にハマってしまった。

ジャンルとしてはシムシティー+アクション、感覚としてはレゴブロックに近い。しかし、シムシティーやレゴは神の視点で作れるが、Minecraft 一人称視点。ブロックを配置するにはブロックを持ち運び、背の届く範囲に置く必要がある。

海中のガラス宮殿を作りたいな~と思っていて、今はそれに向けて、ダンジョン探索などを楽しんでいる。

土の家ゲーム開始後、まずやるのは自宅作り。夜はモンスターが出るので、安全なすみかをつくるのだ。

土をすくって壁を作り、松明を設置すれば家になるのだが、松明を作るには、木の棒と石炭が必要。石炭を掘るにはツルハシが必要。なので道具作りから地道にやっていくわけだ。

ガラス欲しいな、と思ったら竈で砂を焼き、防具が欲しいと思ったら牛の皮を取り、鉄が欲しいと思ったら、武器と防具を着けて洞窟に潜る。

目印初期位置は山がちな地形だったのだが、資源探しに出かけて山を登ったり下りたりしていると、あっという間に方向がわからなくなってしまう。で、家に戻れなくて夜になり、モンスターに襲われて死ぬ……と。見知らぬ土地で即席の横穴を掘り、眠れぬ夜を過ごすことも。

あまりにもすぐに迷うので、節目節目に目印を置いておくようにして、迷子防止にしている。上に飛び出ているのが新しい家、下に飛び出ているのが古い家の方向。

洞窟洞窟探検は命がけ。暗いところはモンスターが出るので、松明を置いて制圧していくのだが、真っ暗なところからいきなり敵が出てくるのが怖い。しかも、シャーとか、グゥとか、モンスターの声が暗闇に響き渡ると緊張する。

窓越しスケルトン洞窟の緊張感と比べると、家に帰ってくると本当にホッとする。

スケルトンは弓で遠距離攻撃してくるが、ガラス越しなら全然平気。

ちなみにテクスチャは自由に変更できる。右のは「はしばみ」。

豊作農耕したり、放牧したり、やることは尽きない。トロッコをひいたりもできる。

レッドストーンなる動力回路で、ちょっと仕掛けを作って家のグレードを上げたいな。