ドミニオンをやる前に、肉のテーマパーク、南大沢にある東京ミートレアに行ってきた。

ミートレアは、全国各地から肉料理の店をあつめたテーマパークで、いわば肉版ナンジャタウン。定期的に店は入れ替わっているようだが、今は比較的関東のお店が多いようだ。

豚丼ふたとじひとしきりお店巡りをして、豚平という豚丼のお店をチョイス。豚丼好きなんだよね。

蓋から豚肉がはみ出している、豪快な丼(880 円)。メニューの写真でも丼より豚肉が広かったが、メニュー写真が決して大げさではないことが証明された。

こういう丼は蓋を開けるのがなんだか楽しい。

うつわの中には、大きな豚肉が 5 枚。豚丼一分の隙も無く丼を肉が占拠している。中心にネギだけではなくグリーンピースがあるのが、見た目を引き締めている。

押し寄せてくるようなビジュアルとは裏腹に、豚丼としては比較的あっさりめの味付けとなっている。

肉はわりと薄切りで食べやすい。タレはお好みで上掛けでき、粘度は低め。味付けは濃いのだが、脂ギッシュではないので、5 枚の肉が最後までしつこくない。

しかし、好みとしては、もっとがっつりと豚の感じがする方がすきかな。前、墨田の方のラムか何かのお店で(なぜか)ぶた丼が美味しかった記憶が……。

ガレット続いて、Bacana Grill のガレット(ロースト鶏もも肉)を食べたが、これがとても美味しかった(450 円)。

写真では分からないが、中身が非常にジューシー。弾力があって食感も良い。スパイスの効き具合も良く、食べる勢いが止まらない。

牛とん包近江伝の牛とん包(480 円)も食べたが、こちらは期待はずれ。大粒と書いてあったから期待したのに、言うほど大きくない。

確かに肉汁はあるのだが、味は蒲田の餃子の方が美味しい。