台湾牛肉麺カップラーメン

台湾カップ麺4台湾旅行で仕入れてきたカップラーメンを食べてみた。メーカーは維力、商品名は「一度贊 老甕(ろうおう)牛肉麺」。直径 18cm と、大きめのパッケージ。

値段は忘れたけど、台湾にしては高い値段で、日本円換算で 150 円くらいしたかも。

パッケージを開けると 4 つの小袋。粉末スープ、レトルト牛肉、調味油、練り香辛料。

どれが先入れなんだ? と迷った。作り方の説明がどこに書いてあるか分かりづらいのだが、原材料と同じフォントで目立たないように書いてあった。しかも一部、野菜の写真と同じ色で判別できない(笑)

というわけで勘で読むと、「粉末スープと調味油は先入れだよ。他はフタの上で温めてね。3 分待ってかき混ぜれば、すぐ食べられるよ!」ということらしい。説明文の末尾が「即可亭用!」となっているが、こういうのの地の文にびっくりマーク付けるのは、日本ではあんまりやらないよね。

台湾カップ麺3できあがりが右の写真。

麺は可もなく不可もなくという感じだが、牛肉の質感が良い。大きく切ってある牛肉がたっぷり入っていて、柔らかく煮込んであるのでどんどん食べられる。

そして、黒っぽい練り香辛料がまた良い味を出している。色から見て、最初は馬油かと思ったけど、違うみたい。ちょっとピリ辛で、粉末スープ側の台湾香辛料と相まって独特のエスニックな感じがある。

近所のスーパーでも台湾カップ麺を売ってくれればいいんだけどな。

小平うどん

武蔵野うどんのお店、小平うどんに行ってみた。聖蹟桜ヶ丘駅から少し離れた場所にあるお店。

メニューは基本的に 1 種類で、「肉汁うどん」のみ。つけ麺というかつけうどんで、豚肉のつけ汁と、武蔵野うどんがセットになっている。基本は 300g の 600 円で、麺増し、肉増しができる他、うどんは温冷が選べる。

小平うどん300g の肉汁うどん冷や、という最もベーシックな構成で注文。携帯電話で撮影したので画質がえらい汚いが、雰囲気は右の写真のような感じ。

丸っこい天かすと、生姜は自由に入れられる。

うどんはぶっとくて、荒々しい感じ。つるつるしこしこ、という感じは全くなく、小麦粉の質感がダイレクトに伝わってくる。

かといって、ボソボソ、というのとはちょっと違うのだが、しっかり噛まないと食べられない。まさに「食べる」うどん。このような麺をつけ麺タイプでいただくのが、武蔵野うどんということなのだろう。

好みで言えば、やっぱりうどんは讃岐が好き。しかし、つけ汁は豚肉が結構たくさん入っていて、旨味もしっかりあって良い。

また、サイドメニューの「玉天」(100 円)は、ただの卵では無く、味玉を天ぷらにしているところが良い。天かすを含めて衣は好みのタイプではないのだが……。

UTAU RPG 化プロジェクトの PV を作成

以前に UTAU PRG 化プロジェクト(歌唱合成ソフト UTAU のキャラクターで PRG を作成)についてご紹介したが、今回、そのプロジェクトの概要をとりまとめた PV を作ってみた。

【15秒】UTAU RPG 化プロジェクト PV【重音テト他】


RPG は開発の初期段階で、シナリオは流動的な面もあるので、この PV の内容といつまで同期が取れるかは分からないけど、認知度の向上に少しでも貢献できればいいなと思う。

15sec. HANASU Contest にエントリーしているので、動画の長さは 15 秒。ささっと見られるライトなテイスト。

今年もさんま寿司!

さんま寿司秋と言えばサンマ。中でも寿司は旨い。

残念ながら、去年の 50 円キャンペーンは今年はやってないみたいなので、今年はストレートにお寿司屋さんに行った。

相変わらずさんまが美味しいのはもちろん、のどぐろも美味しかった。ちなみに、写真の真ん中だけは秋刀魚じゃ無くてアジ。

寿司源はお好み握りの価格が張り出されており、明朗会計で安心。ただ、ぐるなびのクーポン使う際、メルマガに登録しないといけないのは面倒でござる。

家では秋刀魚を塩焼きにしているけど、こちらもうまい。やっぱり秋刀魚はいいよな~。

再訪台湾 / 4 日目(最終日)

今回の台湾旅行は実質 3 日でおしまい。最終日は早朝に帰るだけ。

現地時刻 5 時台なのでまだ MRT は稼働していない。流しのタクシー(計呈車)を拾って空港へ。

松山空港は本当に街中に近い。たった 10 分ほどで空港に着いた。走行距離はおよそ 7km。タクシー料金は 200 元ちょっと(500 円ちょっと)。2km 710 円~の日本だと 2,000 円以上になるはずなので、だいぶ安い。
ワンタンスープ
空港でワンタンスープを食べて、台湾を後にした。

今回の台湾旅行は、総統府や台北 101 など、前回涙をのんだ名所のリベンジを果たせたので良かった。

もちろん食は言うまでもなく、相変わらず美味しい北京ダックやら小籠包やらを満喫すると共に、前回食べていない阿宗麺線なども堪能。

そして今回も、台湾のいろんな人に親切にしてもらった。台湾に行くと心温まる。もし日本で台湾人観光客を見かけたら、最大限親切にしてあげたい。

ただ、心残りも結構ある。
  • 台南にも行きたかったけど、日程が短くて行けなかった。
  • 親切にしてくれた人たちに、東日本大震災の寄付のお礼言っておけば良かったなぁ。
  • 排骨大王など、前回「また食べるぞ」って思ってたのに食べに行けなかったところがある。
このあたりは、またいつの日か訪れてリベンジしたい。

【 4 日目の行動範囲 】

4日目行動範囲およそ 7km。

GPS ロガーで軌跡を記録していると、タクシーが遠回りなどをせずにちゃんとした道を走ってくれたかどうかも確認できるのでいいね。



【 4 日目に食べたもの 】
  • ワンタンスープ

【 4 日目の旅程(時刻は日本時間) 】
  • 06:00 ホテル出発

【 再訪台湾日記 】



記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ