黒猫のウィズ

リアルタイム協力バトル Gate Defenders 楽しかった

GateDefendersクイズゲーム魔法使いと黒猫のウィズに、Gate Defenders というイベントクエストが登場。

友達やネット上の人たちと協力して戦う、同ゲーム初のリアルタイムバトル。これまでも魔道杯という他の人と戦うようなクエストがあったが、いわばゴーストと戦う形なので、リアルタイムではなかった。

今回の Gate Defenders は協力型のリアルタイムバトルなので、パーティーを組むところからスタート。自分でパーティーを作成する(リーダーになる)こともできるが、俺は今回、専らパーティーに加わる(メンバーになる)のみとした。

サーバー側で適当なリーダー候補を表示してくれるので、好きなリーダーを選ぶだけで、パーティーに参加できる。基本は 5 人パーティー。

GateDefenders2友達同士で狩りに行くことも可能で、その場合は、特定のパーティーコードを打ち込む。友達同士で行くと消費魔力がゼロな上に、クリスタルももらえるので、それを知ってからはずっと友達モードで遊んだ。ネット上のパーティー募集掲示板を見てパーティーコードを入れるだけだ。

無事にパーティーに参加できたら、いよいよ戦闘開始。通常のダンジョンとは異なり、ボス戦(1 体)のみ。

パネルを選んでクイズに答え、敵を攻撃するという基本ルールは変わらないが、パネルを選べるターンは、パーティーメンバー順に回ってくる。自分のターンにしかスペシャルスキルを発動できないので(攻撃系を除く)、自分が何番目のメンバーかは重要だ。

デッキ俺の場合は、封印級というレベルのダンジョンを周回していて、デッキは右のような感じ。

9 ターンで遅延が発動するファムがいるので、メンバーナンバー 4 だと、自分が回答した後に発動可能となってタイミングが悪い。メンバーナンバー 5 であれば、スペシャルスキル発動可能になった直後に自分のターンとなり、タイミングが良い。

気楽なのはメンバーナンバー 2。とはいえ、パーティーに参加した順番がそのまま行動順になるので、自分では順番を選べないのだが。

封印級のボスは、途中で属性が変わり、しかも、溜め攻撃をしてくる。溜め攻撃を食らうと HP の低いキャラは死んでしまうので、喰らわないようにすることが肝心。それがちょうど 10 ターンくらいなので、皆で協力して、遅延やダメージ軽減、回復、蘇生などで乗り切る。

チャット機能メンバー間の連携がうまくいかないとゲームオーバーになってしまうゲームバランスが非常に良く、周回していて楽しかった。

人間同士でやるので簡易チャットが結構大切。12 個の定型文(エフェクトで隠れてしまっているが……)から選ぶだけなのだが、無言でやるのと、ちゃんとチャットを使うのでは、メンバーの士気がだいぶ違うと思う。

この辺りは人によって差があり、あまりしゃべらない人もいるし、こまめに声援を送る人も居る。

パーティー編成通信状況が悪かったり、アプリが落ちたりすると、パーティーから脱落していく。俺の場合は、右のようなパーティー編成直後の画面で、1P が開始したと思われるタイミングでアプリが落ちることが多かった。

通常のクエストだと、アプリが異常終了しても、次回起動すれば続きからできるのだが、Gate Defenders は復活しない。パーティーメンバーには迷惑を掛けてしまう。

3人バトル逆に、他の人が落ちて、残った人たちだけで戦ったこともあった。

戦闘開始時からいきなり 3 人になったことがあり、通常の半分くらいしかダメージが通らない。スペシャルスキルも枯渇する。

瀕死になりながらも助け合い、復活してもらったり復活させたりしながらの戦闘で、辛くも勝利できたときは、喜びもひとしお。

3 人になった時点で無理だと思って離脱してしまう人もいるが、ビンチでも諦めずに最後まで戦ってくれた、セティエ使いの綾香さんと、キャラ名わからないがとしやさんに感謝。

90725クリアするとポイントがもらえ、ポイントに応じて賞品が手に入る。最終的に 90,725 ポイントとなり、目標としていた 10 万ポイントには届かなかったが、いろいろ賞品をもらうことができた。




魔法使いと黒猫のウィズはじめました

testクイズ RPG、魔法使いと黒猫のウィズで遊び始めた。

クイズゲームは息抜きに面白いので、もともとクイズマジックアカデミー SP をインストールしていたのだが、遊べるステージが一向に増えないので、新しいのを探してみたら、黒猫を見つけた。

どうやらかなり流行っているらしく、ネットの情報も豊富だし、運営会社の業績も良い模様。

RPG の名を冠しているように、ストーリー付きのクイズゲーム。

Wiz選択肢2ストーリーを読んでダンジョンに潜ると、敵(魔物)が出てくるので、クイズのジャンルを選び、正解して攻撃する。

全体的なゲームシステムとしては、パズドラに限りなく近い。ダンジョンに潜って敵を倒し、ドロップした魔物をゲットして育て、パーティーを編成する。魔物の強化や進化、ゲリラダンジョンの出現までそっくりだ。

Wiz攻撃ガチャも、クリスタルガチャと友情ガチャの 2 種類あり、これもパズドラと同じ。

黒猫独自のシステムとしては、ランク制度がある。全国トーナメントで良い成績を修めるとランクが上がっていき、上位ランクにならないと潜れないダンジョンがでてくる。

Wiz貿易商との交渉俺の進み具合としては、2 つ目の世界の後半。

クリスタルガチャは 10 回連続で引くと必ずレア魔物をゲットできるので、クリスタルガチャを引かずにクリスタルを 50 個貯めている最中。もうちょっとで 50 個だ。

Wizパーティー3現在のパーティーは、クリスタルガチャを引いていないのでまだまだ弱い。初期キャラと、ステージクリアでもらえるキャラ、イベントのガチャで引いたキャラが主力だ。

パーティーを配置する際は、キャラを決めた後は、色を無視して攻撃力の強い順に並べるのが良い気がする。

攻撃は左側のキャラから順に行われるので、弱いのが最初にいると、ちょっと攻撃の後に強い攻撃となり、オーバーキルになる可能性が高い。強いのが最初にいると、強いので倒して、弱いのは 2 体目への攻撃に使える。

全体攻撃キャラの位置は悩ましいところ。今は先頭に配置しているが、最後の方がいいかもしれない。

なお、これから黒猫を始める方がいたら、ゲーム開始時に、招待コード【 WU2UHRG8 】を入力してもらえると、お互いにクリスタルもらえます。


記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ