ラーメン

八王子ごはん

八王子のうまいもん。

そばがきまずはお蕎麦。かなり立地は不便だが、車家は良い。趣のあるたたずまいと、こだわりの料理。

写真を取り損ねたが、前菜は見た目も味も素敵。ライトなぬか漬けが絶妙な加減だった。盛りつけも綺麗。

右の写真はコースに付いてきたそばがき。普通のそばがきは好きじゃないけど、これは良い。

トマト蕎麦そばは、八王子野菜のトマトベースという変わり種を食べてみた。スダチの酸味が爽やか。やはり普通の蕎麦が一番ではあるが。

というか、やっぱり携帯だと画質悪いねぇ……。

御殿ラーメン続いて、以前も紹介したが京王八王子駅のすぐ近くにあるラーメン御殿

凝ったラーメンではないし、どちらかと言えば B 級な感じなのだが、不思議とまた食べたくなってしまう。

ラーメン 450 円という低価格も魅力。

ラーメンは醤油味だが、それ以外の塩とか味噌はイマイチ。

あと、たまに味が薄い時がある。安定した味供給を希望。

ゴーゴーカレー金沢のゴーゴーカレーが最近八王子にも登場。JR 八王子すぐ近く、富士そばの隣の地下。

開店から午後 5:55 まではゴーゴータイムとして、カツカレー系が値引きされている。通常 750 円のカツカレーエコノミーが 650 円になってた。

カツアップ黒い熟成系のルーと、ソースたっぷりのカツのコンビが良い。

キャベツお代わり自由!

京王八王子駅にほど近いところにある、天弘は、やわらかい焼きそばがオススメ。

以前は上海麺と呼称していたが、最近は、(やわらかい)焼きそばと呼んでいるようだ。

文字通り柔らかい焼きそばに、五目あんかけがかけてある。天弘に来たら必ずこれを注文する。

JR 八王子駅から北上し、甲州街道を越えたところにあるたこ焼き屋、ぺろはちも良い。黄色い仮設のような建物で営業している。

ふわふわのたこ焼きに、たっぷりのソースがたまらない。関東圏のたこ焼き屋の中で一番好き。

しかし、午後から(たぶん 15 時くらいから)しか営業していないのと、不定休なのとで、せっかく足を運んでも、営業していなかったりしてしょんぼりすることも。

台湾牛肉麺カップラーメン

台湾カップ麺4台湾旅行で仕入れてきたカップラーメンを食べてみた。メーカーは維力、商品名は「一度贊 老甕(ろうおう)牛肉麺」。直径 18cm と、大きめのパッケージ。

値段は忘れたけど、台湾にしては高い値段で、日本円換算で 150 円くらいしたかも。

パッケージを開けると 4 つの小袋。粉末スープ、レトルト牛肉、調味油、練り香辛料。

どれが先入れなんだ? と迷った。作り方の説明がどこに書いてあるか分かりづらいのだが、原材料と同じフォントで目立たないように書いてあった。しかも一部、野菜の写真と同じ色で判別できない(笑)

というわけで勘で読むと、「粉末スープと調味油は先入れだよ。他はフタの上で温めてね。3 分待ってかき混ぜれば、すぐ食べられるよ!」ということらしい。説明文の末尾が「即可亭用!」となっているが、こういうのの地の文にびっくりマーク付けるのは、日本ではあんまりやらないよね。

台湾カップ麺3できあがりが右の写真。

麺は可もなく不可もなくという感じだが、牛肉の質感が良い。大きく切ってある牛肉がたっぷり入っていて、柔らかく煮込んであるのでどんどん食べられる。

そして、黒っぽい練り香辛料がまた良い味を出している。色から見て、最初は馬油かと思ったけど、違うみたい。ちょっとピリ辛で、粉末スープ側の台湾香辛料と相まって独特のエスニックな感じがある。

近所のスーパーでも台湾カップ麺を売ってくれればいいんだけどな。

北陸一人旅 / 4 日目(福井巡り)

焼き鯖寿司北陸旅行最終日は、福井のドライブ。

湖好きなので、三方五湖まで足を伸ばした。

途中の道の駅で、焼き鯖寿司を食べた。鯖の旨味がギュッとつまっており、旨い。ちなみに鯖はノルウェー産だ。

へしこも食べてみたが、味噌(なのか醤油なのか)に浸け過ぎちゃった漬け物みたいな感じで、こちらはお好みでない。味付けは遙か昔に食べた、からすみに似てるかも。

三方五湖の周辺はレインボーラインと呼ばれる展望道路(有料)があり、そこに行きたかったのだが、カーナビ操作がうまくいかなかった。レインボーラインの途中にある梅丈岳を目的地として登録したら、一般道で行くルートになってしまった。途中まで気づかず、U ターンで逆戻り。

そういえば、氷見うどんを食べに行った時は、草むらを走らされたが(こちらは何でなのか今でも原因不明)、それよりはマシだ。

若狭湾そんなハプニングはありつつも、レインボーラインに乗った。途中にビュースポットが用意されており、若狭湾(日本海)も眺めることができる。

ケーブルカー2駐車場からさらに、ケーブルカーで頂上へ。もしかしたら歩いて頂上までいけたのかもしれないが。

ケーブルカーとリフトは、共通券 800 円で往復乗車でき、どちらに乗っても構わない。帰りはリフトにしてみた。

見晴らし頂上からは 360 度の風景が楽しめる。

掘り出し物の鐘(の複製)が展示されている。貴重な品で、8 年かけて形状と音質を復元したとのこと。

縄文時代って書いてあるけど、縄文時代って金属あったんだっけか?

見晴らし2登ってきた道を眺めると、あ~ずいぶん登ったんだねぇ、ってのが実感できる。

この三方五湖、恋人同士で訪れるのをプッシュしていて、「恋人の聖地」って書いた碑が建ってるよ (ノд・。)

うな重三方五湖は、うなぎで有名らしい。天然のうなぎなんだとか。

というわけで、湖のほとりにある鰻屋(淡水)で昼食。うなぎの重箱(上)3,675 円。

うな重2良い値段するだけあって、臭みの無い柔らかな鰻を出してくれる。

脂のノリは程よく、ギトギトというわけではなく(たぶん時期的な問題だと思うが)、どちらかというと優しい感じの風合い。

皮の焼き加減が絶品で、こんがりなんだけど焼きすぎではなく、身とのバランスが非常に良かった。また食べたいなって思う。

一力高級感あふるる食べ物の次は、庶民派のラーメン。敦賀駅近辺までひとっ走り。

敦賀のラーメンは豚骨×鶏ガラで、店の形態としては屋台が主力。各店、バンなどで工夫を凝らした店構えを創り出しているらしい。

ただ、時間的に屋台の営業時間と合わなかったのと、屋台のラーメンって若干衛生面が心配という小心さもあって、通常の店舗を選択。

比較的あっさりのスープと、太めのしっかりした麺。胡椒が効いている。

そのまま食べてもかなり胡椒の風味が強いのだが、敦賀は胡椒文化なのか、良く来ていると思われるお客さんは最初からドバドバ胡椒を追加していた。

敦賀ラーメンは、味に凝りすぎていなくて、繰り返し食べても飽きなそうな感じがする。地元に欲しいラーメンだ。

福井まで戻ってレンタカーを返し、東海道新幹線で東京へ。

距離4 日間、美しい自然と、美味しい食べ物を満喫できた!

総移動距離はなんと 1750km。これはだいたい、鹿児島~仙台の距離と等しい。

気になったのは、北陸の人って車間距離がやたら狭い。最初は煽られているのかと思ったが、常に狭い模様。交差点のたびに「追突注意」って書いてあったけど、そりゃ、そんなに狭きゃ追突するわ。

かといって、スピードはそこまで出してるわけではないというか、むしろ関東より遅い気がする。

【 4 日目の行動範囲 】

GPS4激安 GPS ロガー「GT-730FL-S」による軌跡は右。

帰りの電車に乗るまで。

GPS4b帰りの電車。

合計でおよそ 730km。



【 4 日目に食べたもの 】
  • 簡単な朝食(パン)
  • 焼き鯖寿司
  • へしこおにぎり
  • うな重
  • 敦賀ラーメン
【 4 日目の旅程 】
  • 09:20 ホテル出発
  • 10:50 道の駅
  • 11:10 三方五湖レインボーライン
  • 11:40 梅丈岳山頂
  • 12:40 淡水
  • 14:10 一力
  • 16:00 福井駅周辺散策
  • 16:40 帰途
【 北陸一人旅 】

辛いラーメン 4 連発

最近、辛いラーメンを食べる機会が多かった。

Orochonまずは、京王線府中駅近くにある「満てん房」の「オロチョン地獄ラーメン(二丁目)」800 円。

オロチョン地獄ラーメンは一丁目から三丁目まであり、三丁目が一番辛い設定。初めてなので、真ん中の二丁目にした。

赤くドロドロのスープが確かに地獄を連想させるラーメン。見た目ほど辛くはなく、これなら三丁目でも余裕だったのではと思うくらいだが、汗は出てくる。また、辛いのが得意ではないという友人は食べるのに苦労していたので、辛いのが苦手な人にはお勧めできないレベル。

味は結構好きなんだけど、納豆を加熱したような臭いがあり、総合判定ではちょっと……というところ。

Kurenaiつづいて、同じく京王線府中駅近くにある「麺創研かなで 紅 -KURENAI-」の「紅らーめん」(790 円)。写真は温玉(50 円)トッピング。

たっぷりの野菜とバラ肉が盛られており、写真ではちょっと分かりづらいが、結構ボリュームがある。

その下から覗いている赤いスープはそれなりに辛く、ほんのり甘みのある野菜とのコントラストが良い。バラ肉もしっかりと旨味がある。

麺も特徴的で、乱切りと呼ばれる太さの一定しない麺を使用している。とはいえ全体的には太めかつしっかりした麺で、辛いスープをしっかりと絡めて戴ける。辛味噌を溶かすタイミングで、いろんな味が楽しめるのも良い。

このラーメン、辛いだけではなく、スープ、麺、具のバランスが非常に良いと思う。辛さの方向性も好みで、府中駅付近のラーメン屋の中で一番好きかもしれない。

OniKurenai紅らーめんがとても美味しかったので、ふたたびかなでを訪れ、今度は最辛の「鬼紅らーめん」(890 円)に挑戦してみた。

見た目からして明らかに、ノーマル紅より赤い。断然赤い。

が、実際の辛さは、見た目ほどはアップしていない。

それよりも驚くのが、ものすごいゴマ油感。写真では分かりづらいが、もうギトンギトンで、ゴマ油のたまり場と化している。さすがにこれは多すぎるんじゃないか。

やっぱりバランスって大事だね、ということで、俺的にかなでは、ノーマル紅のためのラーメン店と認定。

Nakamoto最後は新宿にある「蒙古タンメン 中本」の「蒙古タンメン」(770 円)。

味噌ラーメンの上にあんかけ辛子麻婆豆腐が載っている個性的なラーメン。

個人的にはイマイチ。あんかけの食感がもやもやしており、辛さよりもむしろその妙な感触が印象に残ってしまった。麺もあんまり好きではない水分多めっぽいやつ。なので全体的にふにゃっとした感じ。

しかし、同じ辛いラーメンというジャンルでも、それぞれ方向性が全く違うというのが面白い。ラーメンってすごい食べ物というか、文化だよね。

野菜料理だけじゃない!畑の厨膳丸

様々な野菜料理を出してくれるという、畑の厨膳丸(新宿店)に行ってみた。

長芋コロッケお通しから生野菜。なんとナスのスライスが。普段ナスって生で食べないのでちょっとびっくり。

さすがにナスの生はあまりいただけないが、ナスのステーキは美味しかった。しっかりした果肉が味わえた。

さらなるヒットは、玉葱のステーキ。クオーターサイズの玉葱を皮ごと鉄板で焼く。甘くしんなりしつつも、玉葱のうまみがしっかり出ていた。

写真は長芋コロッケ。衣はサクサク、中の芋はザクザク。

芋フォンデュ変わり種は、芋フォンデュー。チーズと芋のミックスフォンデューに野菜を付けて食べる。面白いけど、味は普通かな。

野菜をフィーチャーしている同店だが、実は唐揚げが旨い! 唐揚げ好きとしてはポイント高い。

まるすけラーメン野菜で健康志向になった後は、対極のこってり豚骨ラーメンで〆。三代目○助。見るからにトロトロのこのラーメンは、ビジュアルを裏切らず濃厚。

ラーメン詳しくないので非常にざっくりだけど、スープの系統としては天下一品っぽいかもしれない。なかなかうまい。
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ