今日は初見のお店に行こうかな、と思って飯屋を探しているとき、タイ料理屋があると、ふと入ってしまう。

セラドン会社の人のお勧めで行ったのは、京王線幡ヶ谷駅近くにあるセラドン。タイ国商務省認定レストランらしい。

ランチタイムに行き、「豚挽肉とバジル炒めごはん目玉焼き添え」(ドリンクセット 1,050 円)を注文。

豚挽肉にエスニックな味付けがしっかり付いており、ご飯がすすむ。

店内は落ち着いた雰囲気。店員の接客が丁寧で、気持ちよく食事が出来たのもポイント高い。また行きたい。

京王線の中河原駅付近にあるタイ料理屋は、ノンちゃん家。店内は狭めだが、家庭的な雰囲気のお店だ。

蒸し鶏のカオマンガイ蒸し鶏のカオマンガイは、あっさり味だが、タレは酸味が聞いていて、メリハリがある。

ソーセージソーセージは自家製。皮はあまり意識させない。日本のソーセージとは一線を画す味だが、これはこれで美味しい。

豚肉のレモン付けは柔らかく調理してあって、するすると口に入る。豚肉のワイルドな風味を引き出しつつ、パクチーの香りがワイルドさを斬っており、野趣溢れる味。辛めの味付けだが、辛さは言えば調整してくれるようだ。