リアルタイム協力バトル Gate Defenders 楽しかった

GateDefendersクイズゲーム魔法使いと黒猫のウィズに、Gate Defenders というイベントクエストが登場。

友達やネット上の人たちと協力して戦う、同ゲーム初のリアルタイムバトル。これまでも魔道杯という他の人と戦うようなクエストがあったが、いわばゴーストと戦う形なので、リアルタイムではなかった。

今回の Gate Defenders は協力型のリアルタイムバトルなので、パーティーを組むところからスタート。自分でパーティーを作成する(リーダーになる)こともできるが、俺は今回、専らパーティーに加わる(メンバーになる)のみとした。

サーバー側で適当なリーダー候補を表示してくれるので、好きなリーダーを選ぶだけで、パーティーに参加できる。基本は 5 人パーティー。

GateDefenders2友達同士で狩りに行くことも可能で、その場合は、特定のパーティーコードを打ち込む。友達同士で行くと消費魔力がゼロな上に、クリスタルももらえるので、それを知ってからはずっと友達モードで遊んだ。ネット上のパーティー募集掲示板を見てパーティーコードを入れるだけだ。

無事にパーティーに参加できたら、いよいよ戦闘開始。通常のダンジョンとは異なり、ボス戦(1 体)のみ。

パネルを選んでクイズに答え、敵を攻撃するという基本ルールは変わらないが、パネルを選べるターンは、パーティーメンバー順に回ってくる。自分のターンにしかスペシャルスキルを発動できないので(攻撃系を除く)、自分が何番目のメンバーかは重要だ。

デッキ俺の場合は、封印級というレベルのダンジョンを周回していて、デッキは右のような感じ。

9 ターンで遅延が発動するファムがいるので、メンバーナンバー 4 だと、自分が回答した後に発動可能となってタイミングが悪い。メンバーナンバー 5 であれば、スペシャルスキル発動可能になった直後に自分のターンとなり、タイミングが良い。

気楽なのはメンバーナンバー 2。とはいえ、パーティーに参加した順番がそのまま行動順になるので、自分では順番を選べないのだが。

封印級のボスは、途中で属性が変わり、しかも、溜め攻撃をしてくる。溜め攻撃を食らうと HP の低いキャラは死んでしまうので、喰らわないようにすることが肝心。それがちょうど 10 ターンくらいなので、皆で協力して、遅延やダメージ軽減、回復、蘇生などで乗り切る。

チャット機能メンバー間の連携がうまくいかないとゲームオーバーになってしまうゲームバランスが非常に良く、周回していて楽しかった。

人間同士でやるので簡易チャットが結構大切。12 個の定型文(エフェクトで隠れてしまっているが……)から選ぶだけなのだが、無言でやるのと、ちゃんとチャットを使うのでは、メンバーの士気がだいぶ違うと思う。

この辺りは人によって差があり、あまりしゃべらない人もいるし、こまめに声援を送る人も居る。

パーティー編成通信状況が悪かったり、アプリが落ちたりすると、パーティーから脱落していく。俺の場合は、右のようなパーティー編成直後の画面で、1P が開始したと思われるタイミングでアプリが落ちることが多かった。

通常のクエストだと、アプリが異常終了しても、次回起動すれば続きからできるのだが、Gate Defenders は復活しない。パーティーメンバーには迷惑を掛けてしまう。

3人バトル逆に、他の人が落ちて、残った人たちだけで戦ったこともあった。

戦闘開始時からいきなり 3 人になったことがあり、通常の半分くらいしかダメージが通らない。スペシャルスキルも枯渇する。

瀕死になりながらも助け合い、復活してもらったり復活させたりしながらの戦闘で、辛くも勝利できたときは、喜びもひとしお。

3 人になった時点で無理だと思って離脱してしまう人もいるが、ビンチでも諦めずに最後まで戦ってくれた、セティエ使いの綾香さんと、キャラ名わからないがとしやさんに感謝。

90725クリアするとポイントがもらえ、ポイントに応じて賞品が手に入る。最終的に 90,725 ポイントとなり、目標としていた 10 万ポイントには届かなかったが、いろいろ賞品をもらうことができた。




鶴見川花火大会、行かずに見た

赤星鶴見川サマーフェスティバル 2014 で行われた花火大会を楽しんできた。

友人が近くに住んでおり、そこから観覧。

人混みに揉まれることもなく、涼しい家の中でうまいもんを喰いながら見る花火というのもまた、非常に良いものだ。

鶴見川花火は、規模としてはあまり大きくないようだ。中盤までは、花火の密度が少ない。

スターマインしかし打ち上げ方は工夫してあり、シンプルな花火の他、色が変化するもの、中心から光の軌跡が出る物などを折り込み、それらがきれいに重なると見応えがある。

スターマインは低中高と 3 段階の高さに分かれ、きれいに華が咲いた。

途中で、変わり種花火シリーズもインサート。蝶々やハートなど、特徴のある形の花火を見ることができた。

フィナーレラストは、柳系統や閃光系統を組み合わせた華やかな花火。ここだけは密度の濃い打ち上げで、フィナーレを飾るにふさわしい盛り上がり。

花火モードうちのコンデジ(Canon PowerShot S90)で花火の写真を撮る際、最初は夜景モードや花火モードでいたが、Tv(シャッタースピード)優先モードで録る方が、花火自体は良く撮れるような気がする。シャッタースピード 4~5 秒程度。オートフォーカスを切って、マニュアルフォーカスにして無限遠にするときれいに撮れるらしい。それを知らずに撮ってたので、かなりピンぼけ写真を量産してしまった。

夜景も入れる場合は、花火モードがきれい。右が花火モード、上 3 つが Tv 優先モード。

プレミアムモルツビアサーバー花火のお供はビール。プレミアムモルツのビアサーバーは、泡出し機能が秀逸。超音波で泡立てるらしく、白いノズルから出る泡がとてもきめ細やか。

……でも諸事情により中身はヱビスビール(笑)

パエリア海鮮パエリアも美味しかったし、充実の観覧会だった。


谷保散策(インドカレー編)

FulBari外観JR 南武線のマイナー駅、谷保。しかし、周りを散策してみると、意外とお店がある。

お昼ご飯に異国情緒を味わいたいなと思いながら歩いていると、インドカレー屋を発見。インド・ネパール料理の FUL BARI

同名のお店が蒲田などにもあるので、チェーン店と思われる。

早速入ってみると、結構お客さんが座っている。危なく待ち行列になるところだった。常連さんっぽい人が「今日は混んでるなぁ」などとつぶやいていたので、特殊事情があったのかもしれない。

店内は、インドかネパールか分からないけど外国人スタッフが仕切っていた。

ベジタブルカレーランチタイムはキーマやチキンなど、いくつかのカレーでメニューが構成されている。今回はベジタブルカレーをチョイス。ナン・サラダ・ドリンクが付いて 830 円。辛さは 1~5 の 5 段階で選べるので、4(辛口)にした。

出てきてびっくりしたのは、ナンの大きさ。全長 40cm くらいあると思う。とてもデカイ。

ナンはふわふわもちもちタイプで、これだけで十分すぎるほどお腹いっぱいになる。

カレーは薫り高いインドカレーで、美味しい。辛口がちゃんと辛口なところも良い。無駄にからさだけがあるのではなく、美味しい辛さ。野菜がしっかりと入っているのも嬉しい。


岡山・広島一人旅 / 3 日目(お好み焼き)

散策宮島と尾道はあきらめ、お好み焼きを食べて帰ることに。

ホテルをチェックアウトしてすぐはお店が開いていないので、とてものんびりと、川沿いを散策。曇天ということもあり、ひんやりして気持ちいい。

広島駅の向かいのビルに、駅前ひろばというフードコートがあり、お好み焼き屋さんばかりが店を連ねている。

お好み焼き10 以上ある店の中から、(はじめての本場広島焼きなので)オーソドックスそうなお玉のキャベツをチョイス。

基本のお好み焼き(800 円ちょっと)に、肉と卵はコミコミ。あとは好きなトッピングをしていく。ネギをトッピングしたのが右の写真。

店主の愛想はないものの、焼きそばが入った広島スタイルは好きだ。

朝っぱらから地酒(雨後の月)も飲んで、ほろ酔い。

引き続き、駅ビル ASSE で尾道ラーメンを食べるも、味が濁っていてイマイチな感じ。この店だけなのか、尾道ラーメンというものがそもそもこういう感じなのか。

不完全燃焼感はあるものの、足が痛くて仕方がないので、新幹線で東京までひとっ飛び。今回の旅を終了とした。

広島はまた今度リベンジしたい。

【3 日目の行動範囲】

広島東京のGPS軌跡およそ 779km。

うまく拾えていないところもある。

【3 日目の経費】

3日目経費

【経費合計】

経費合計

【岡山・広島一人旅 目次】





岡山・広島一人旅 / 2 日目(後楽園と倉敷)

足の痛みでろくに眠れず、痛みと眠気のダブルパンチに心折れながら迎えた朝。ホテルの朝食会場まで移動するだけで一苦労。

サンピーチ岡山バイキング朝食はバイキング。

朝食を楽しむ気分ではなかったのでちょっとしかよそわなかったが、本当はもっとたくさん選べる。中でもおでんが選べるというのは凄い。朝食ビュッフェでおでんがあるところはなかなかない。味も良く、元気だったらおでんをたくさん食べていたと思う。

朝食に限らず、ホテルサンピーチ岡山は良かった。内装も綺麗だし、リセッシュもおいてあるし、フロントの方も親切。マキロンを持ってきていただけたのは大変助かった。

朝食後、待ちに待った皮膚科へ。マメをつぶした箇所自体は比較的良好な衛生状態と言われたが、周囲にへんなアザができていた。たぶんこういう場合は、傷口を消毒した後、ワセリンでも塗って保湿しておくのが良いのだろう……というのは、後知恵。

それにしても、保険証のコピーを持って行って良かった。いつも使わないので、要らないだろうと思っていたのだが、いざって時は予期せず来るものなのだな……。

岡山後楽園医者で処置してもらって安心したので、ロッカーに荷物を預けて岡山後楽園へ。

とはいえ、右足はマメで痛く、左足は右足をかばって痛めたのでこれまた痛く、まともに歩けない。通常の 1/4~1/8 程度の歩行速度。

のんびりのんびり歩きながら、景色を楽しむ。高低差や水辺が素敵な庭園だ。

吉備だんごぜんざい途中のお茶屋で一服。

きびだんごぜんざい。きびだんごって黄色いイメージだったけど、そんなことはなかった。というか、きびだんごだと言われなければ気づかない。間違えて白玉団子持ってきたのかと思ったが、そもそもメニューがきびだんごしかないので、間違えたわけではなさそうだ。

素材はともかく、団子の味は美味しかった。

接客業の人と接しているというのはあるんだけど、岡山の人って全体的に、親切で気さくな気がする。

散策後はバスに乗り(バスも Hareca 使える)、岡山駅市街へ。

デミカツ丼昼食は味司 野村のデミカツ丼。ロースカツの上に、粘度の高いデミグラスソースをこってりと掛けたもの。

この店、割り箸立てがテーブルの中に埋まっていて、割り箸がテーブルから生えているのが面白い。

倉敷の街並み昼食後は倉敷を散策。

歩いて回りたかったけど、とてもそんな状況ではなかったので、レンタサイクルで巡った。

落ち着いた街並みの中心を川が流れているのっていいよねぇ。

えびめし途中で休憩して、岡山 B 級グルメのえびめしを食す。

本来えびめしはくろっぽい色をしているらしいが、ここのはあまり黒っぽくない。

たぶんジャンバラヤに似てるんじゃないかな。

本当は、吉備路あたりの古墳を巡ったりする予定だったのだけど、スキップして広島へ向かう。

広島路面電車広島も路面電車が走っており、使えるカードは PASPY。

普通であれば歩くところであるが、今回は路面電車で移動。

広島の路面電車は車掌さんがいることにびっくり。ワンマンじゃないんだ。

刺身盛り合わせ八丁堀付近はさまざまな飲食店が並んでいる。今回は、地魚料理を味わえる人有喜 蔵に入ってみた。

刺身を盛り合わせにしてもらったら、ドライアイスを使った演出がされていてびっくり。

写真だとわかりづらいが、皿の後方にドライアイスゾーンがあり、そこから煙が湧き出てくる。

一番左にあるのは穴子の刺身。身が締まった感じで、淡泊なお味。味としてはそれほど好みではないものの、普段食べられないレアな食べ方ができて嬉しい。

幻霜ポークのカツレツトマト風味のロールキャベツや、幻霜ポークのカツレツ、地鶏の唐揚げなど、美味しいものがたくさん。

一方で、メバルは俺それほど好きじゃないんだなって分かった。別に嫌いじゃないけど、好んで食べるほどでもないな。

もう 1 軒、汁無し担々麺の店にも行きたかったが、昨日 5 食、今日 4 食+αでお腹的に無理だったので、おとなしくホテルに帰った。

ホテルで重大な決断。

本当は、翌日に宮島・嚴島、翌々日に尾道を観光する予定だったのだが、今の足の状態ではとても無理と判断。翌日そのまま東京に帰ることにした。

【2 日目の行動範囲】

岡山広島のGPS軌跡およそ 188km。

岡山~広島間はうまく拾えていない。

【2 日目の経費】

2日目経費


【岡山・広島一人旅 目次】



記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ