シンプルな電波ソーラー腕時計を購入

ATTESA_H410-T007627サブの腕時計として使用を継続していた電波ソーラー機「シチズン ATTESA EcoDrive H410-T007627 / GN-4W-S」が故障し、動かなくなってしまった。

白蝶貝の模様がお気に入りだったのだが、いつから使い始めたのかが分からないくらい長いこと使っていたので(10 年以上かも)、さすがに引退の時期になったのだろう。

メインの腕時計としては、やはり電波ソーラーの「カシオ オシアナス Manta OCW-S2000P-2AJF」。そうそう故障するとは思っていないけど、やはりバックアップはあったほうが安心ということで、サブ機を買うことにした。

あまり出番は多くないと思われるので、電波ソーラーの中で安価なものを探した。

レグノ見つけたのが、「シチズン レグノ RS25-0344」。

安心のシチズンで、お値段約 14,000 円。

シンプルな盤面と、キリリと引き締まった感じのある質感が好感触。

買う際は「電波ソーラー」しか気をつけていなくて、買った後で、「そういえば防水なんて、この値段だと付いてないよなぁ」と思ったが、なんと、しっかり 10 気圧防水が付いていた。

電波ソーラー+10 気圧防水というしっかりクオリティーでこの価格。すごい。

材料がステンレスだからなのか、メインの腕時計よりコンパクトなのにもかかわらず、重量はあるが、これは仕方ないね。

嬬恋ドライブ

畑キャベツの村、嬬恋まで、気ままドライブに行ってきた。

所沢から関越自動車道に乗り、北上。

ウルトラマン自動販売機お腹が空いたので高坂 SA に寄ってみたら、ウルトラマンのジオラマ風自動販売機があった。ゆかりのある地なのかな?

藤岡ジャンクションから上信越自動車道へ。碓井軽井沢から一般道に入った。

所沢の手前が渋滞していたこともあり、お昼が近づいていたので、割烹中居屋へ。11 時の開店と同時にイン。

天ぷらの盛り合わせ付もりそばを食べたのだが、天ぷらが絶品。

天ぷら盛り合わせ山菜(アカシア、うど、こあじさい、みず、もみじ)を中心に、海老、ブロッコリーなどたくさん盛られてくる。

うど以外の山菜は初めて食べるものばかり。中でもアカシアは、食べると香りが口いっぱいに広がるという、初めての体験。うども、これぞうどというクセが目一杯主張してきて、おいしかった。

そして、驚きだったのがサツマイモ。サツマイモの天ぷらってあまり好きではないのだが、ここのは、もっちり濃厚なサツマイモで、また食べたいと思った。

直線お腹も満たされたところで、つまごいパノラマラインを快走。アップダウンのある走りごたえのあるコースで、きれいな直線が続くかと思えば、くねくねカーブが現れたりと、ドライブを楽しめる。

愛妻の丘愛妻の丘と名付けられた見晴台には、休憩スペースもある。

キャベツ畑が眼下に広がり、空気がとてもきれい。空気を吸っているだけで、心まで洗われるかのような透明感。毎日の喧噪を忘れ、穏やかな気持ちになれる。

一日のんびり休憩してみたいところだ(そんなに時間が無かったのですぐに出発しなくてはいけなかったが……)。

鬼押出し園ひたすら岩石がひしめいている、鬼押出し園にも立ち寄り。

岩石があるだけ、と言うと身も蓋もないのだが、嬬恋の景色で心洗われた後に来ると、これはこれですっと入ってくる。

キャベツ焼き売店でキャベツ焼きなるものが売られていたので、嬬恋っぽいと思って食べてみた。

お好み焼きの中身がキャベツになった感じで、嬬恋気分を満喫できる。

帰りはおふろ cafe bivouac に寄って一泊しようかとも考えていたのだが、澄んだ空気を満喫した気分のまま帰ることにしたので、bivouac はまた今度の機会に。

約 11 時間、387 km(TRIP 値)の良い旅だった。

嬬恋ドライブルート


読書メーターはじめました

読んだ本の記録用に、読書メーターに加入。

今後、本の感想についてはメイン管理を読書メーターとし、こちらのブログでは、読書メーターには入りきらない長い文章を書いていきます。

グランドピアニスト・ザ・ムービー再掲

グランドピアニスト以前の雑談で公開していたグランドピアニスト(セガトイズ)の動画 URL を変更

  • グランドピアニスト
  • ラ・カンパネラ
  • 新 URL:Dropbox

GPS ロガー軌跡比較:専用機 vs スマホアプリ(My Tracks)

Comp_All最近は、スマホアプリで位置トラッキングができる便利な時代になった。そこで、GPS ロガー専用機(手持ちの中で精度の高い V-990)と、スマホ(というかタブレットの AQUOS PAD SH-08E)+Android スマホアプリ(My Tracks)で同時に GPS 軌跡を記録して、比較してみた。

比較した場所は、青森~弘前間。地図で、青い軌跡が GPS ロガー専用機 V-990、赤い軌跡がスマホアプリ My Tracks。全景図だと、当然ながらほぼ同じ軌跡を描くので、線が重なっており、違いは見受けられない。

なお、地図類は、クリックで拡大する。

Comp_01(1) 青森駅付近(My Tracks 優位)

地図上、左上から右下に移動している。車での移動なので、道路の左側を通っている。

赤の My Tracks は、安定的に左側通行を再現している。一方、青の V-990 は、特にアスパム通りの交差点付近で不安定に蛇行している。

Comp_02(2) 国道柳町交差点付近(My Tracks 優位)

これも左上から右下への移動。

青の V-990 は、ここでも交差点付近で乱れている。また、右折後は、中央分離帯に突っ込んでいる。

V-990 は、実際には静止している場合でも、少しずつ軌跡が動いて記録されるクセがある。この交差点で信号待ちしていたかは記憶が定かでは無いが、もしかしたら、信号待ちしている間に軌跡がちょっとずれた可能性がある。

Comp_03(3) 青森中央大橋付近(同等)

地図をかなり拡大しても、両者の軌跡がほぼ一致している。

橋の上は、電波の遮断・反射が少ないので、GPS ロガー的には位置を補足しやすい状況と思われるが、それでもここまでの精度で一致するとは、双方ともかなりの実力。

Comp_04(4) 青森ジャンクション付近(V-990 優位)

上から下への移動。

青い V-990 はきちんと車線を守っているのに対し、赤の My Tracks は対向車線にはみ出してしまっている。

Comp_05(5) 黒石インターチェンジ付近(My Tracks 優位)

右上から入って左上への移動。

東北自動車道本線では、青の V-990 のほうがズレが大きい。

ループ中、一部赤の My Tracks が中央分離帯をはみ出しているが、全体的に見ると、My Tracks の方が走行イメージに近い。

Comp_06(6) 弘前駅付近(V-990 優位)

右下から左上への移動。

両者とも少しずつずれており、優劣付けがたいとも言えるが、敢えて言うなら、一番大きな交差点を綺麗に左折でき、羽州街道を左側通行している距離が長い V-990 の方が、優れた軌跡と言える。

Comp_07(7) 弘前公園付近(V-990 優位)

右から左への移動。

青い V-990 は、右端付近で不必要に折れ曲がっているものの、全体的に正確に走行している。

一方で、赤い My Tracks は、全体的に道からはみ出している。

【総評】

GPS 軌跡の精度という面では、V-990 も My Tracks もかなりの実力を持っており、実用十分すぎるほどである。両者の差異を比較するのは、重箱の隅をつつく程度の細かい作業である。

それでも敢えて優劣を付けるとすれば、V-990 は、掲載した部分以外も含めて、不必要な折れ曲がりや対向車線へのはみ出しがやや(本当にやや)多かったので、My Tracks の方が、気持ち程度、優位であると言えるかもしれない。

GPS 信号受信の感度という面では、My Tracks に軍配が上がる。東北新幹線の通路側座席に座った際、My Tracks は軌跡を記録したが、V-990 は記録できなかった。My Tracks が GPS 信号そのものを受信していたのか、あるいは、Wi-Fi などの補助情報を使っていたのかは不明だが、結果として、感度は My Tracks の方が高い。ただ、V-990 も、東海道新幹線の窓側座席に座った時は割と信号を受信していた実績もあるので、新幹線で受信できるかできないかは、紙一重なのかもしれない。

使い勝手の面でも、My Tracks が上だ。GPS 記録後、すぐにスマホの画面で軌跡を確認できる。V-990 には画面が無いので、一旦パソコンに転送する必要がある。

しかし、My Tracks にも弱点はある。

まず、バッテリー。今回、旅行中にタブレットを使って測定している。タブレットやスマホは My Tracks 専用ではないので、他のアプリと併用するとどんどんバッテリーが減っていく。一般的なスマホよりバッテリー容量が大きいはずのタブレットでさえ、My Tracks +ウォークマン代わりの音楽再生で 12 時間持たずに給電している。スマホなら、もっと稼働時間は少ないだろう。

次に安定性。旅行中、一回だけ、突然タブレットが再起動したことがあった。今までそんなことはなかったので、My Tracks が何か悪さした可能性はある。そうでなくても、他のアプリの不安定な挙動のせいで再起動すれば、GPS 記録が中断されることになる。

最後に、機器の相性。今回は、AQUOS PAD+My Tracks で高い精度を記録したが、スマホの機種によって GPS センサーは異なる可能性があり、すべての機器で高い精度が出る保証は無い。

というわけで、GPS ロガー専用機と、スマホによるロギングは、総合的には一長一短と言えよう。

≪GPS 軌跡に関連する記事一覧≫

記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ